FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初雪 

今日は11月3日。初雪は昨日の17時。
画像は11月3日12:00時点での画像。かなり融けていると思われる。
PIC_0608_R.jpg PIC_0607_R.jpg PIC_0600_R.jpg

3.4日ほど前から天気予報が騒がしく、俺の周りではスタッドレスタイヤに交換する人が増えた。ガソリンスタンドで働いているので、特にそういう情報には敏感だ。ただ、この時期は偏りが出る季節だと思う。11月初旬と言う事もあり、スタッドレスに変える人と、すぐに消えるだろうと思ってスタッドレスに変えない人。

俺は後者の方。昨日の昼~今日は休みと言う理由でスタッドレスには変えなかった。と、言うか今の所スタッドレスを買ってすらいないので、仕方が無いのですが…。だから、明日4日までに雪が消えていてくれないととても厳しい。日の光が射す3.4時辺りまでで道路の雪が消えないと、明日は20km/hくらいで通勤しなければならないからです。

俺は毎日金欠なので、スタッドレスには頭を悩ませています。通常、新品のタイヤをスタンドや量販店で俺のサイズ195/65R15を買えば8.9万円ほど;;現時点で考えている資金が2万円くらい…うーん。となると、ヤフオクに頼るしか無いのが現状です。もしくは、スタンドに交換しに来たお客さんのお古を貰うとか。お古の場合はタダなので、そっちが良いかなぁー。

ただ、俺の住んでいる東北や、秋田県の冬を乗り切るにはある一定以上のスペックが必要です。

まず第一に溝。最低でも7部山。1シーズンのみなら6部山以上は必須。勿論、溝があるならあるだけ良いのですが…とりあえずプラットホームが見えてしまっている物は論外です。夏タイヤと違い、スタッドレスの寿命は溝が50%減った状態=プラットホームが見える状態だからです。

第二に硬度。スタンドに置いてある硬度計では柔らかい・普通・硬いの3段階で計れるのですが、せめて普通以上が必須です。いくら溝があっても、硬度が硬いでは冬は乗り切れないので。中古で考えた場合、最も無難なメーカーはブリジストンのREVOシリーズ限定になってしまうのはこの為。ブリジストンのREVOシリーズは発砲ゴムと言って半永久的にゴムが硬くならない為です。

第三に製造年月日。今年は2009年なので当然09年製の物がBEST。1シーズンだけ乗り切る為の境界線を引くとしたら、普通のメーカーでは3年落ちくらいまで。理由として、ゴムに液体を混ぜて柔らかくしているが、3年目辺りでは液体が抜けて硬くなる為です。ブリジストンでは5年落ちくらいまで。REVOシリーズの発砲ゴムは何年経っても柔らかいが、REVO1が製造されてから約5年ほど経つ為です。確かREVO1は2004年発売だったと思います。

製造年数の見方として、下の画像を見て貰えれば分かりますがこのタイヤの側面には「ENRA(CNH1907)」と書かれています。この数字の部分、この画像では1907の部分が製造年月日です。最初の2つの数字「19」が週を表し、最後の2つの数字「07」が年度です。つまりこのタイヤは2007年の19週に製造された事になります。確か、数字の前のCNHは製造した工場を表していたと思います。曖昧ですが^^;
PIC_0620_R.jpg

上記のスペックさえ満たせれば、どんなメーカーのタイヤだとしても最低1シーズンは持つと思います。海外製品は試した時が無いので分からないですけど。まぁこれは、俺の住んでいる環境で計算してるので、北海道に住んでいたり、関東に住んでいたり、シーズン中はずっとスキー・スノーボードをやる人では少し変わってきます。

あー、冬タイヤどうしようかなぁ…。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://celicaway.blog93.fc2.com/tb.php/17-4a24bf08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。