FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイル交換 

セリカを買った時の走行距離が100300km。そして現在の走行距離が103780km。
3480kmも走ってしまい、オイル交換をしないとヤバイのでオイル交換をしました。

使用したオイルはカストロールのマグナテックProtection、10W-40です。
PIC_0575_R.jpg
ちなみに今回のオイルは、楽天市場価格.comで調べた結果
一番安いストアを選びました。値段は12000円でした。
購入したストアはコチラ。
エヌツーファクトリー

なぜ10W-40なのかと言うと、飛ばすからです←おい
今が10月の終わり…来月には雪が降るのに10W−40は無いだろ!
とかツッコミ所満載ですが、そこは気にしないで下さい。
本当は5W−30が良かった・・・。

知らない人がいるかもしれないので、一応説明します。

エンジンオイルとは、車にとって最も必要な物です。
一番大切な物って、ガソリンじゃないの?とか思う人がいるかもしれません。
確かにそうです。ガソリンが無ければ車は動きません。

しかし、エンジンオイルが入っていなくても車は動きません。
正確には、一応動いてしまうかもしれませんが、エンジンがすぐに壊れます。
エンジンが壊れた車は、ただの鉄くずと言っても過言ではありません。
何百万円した様な高級車でも、エンジンオイルが無ければ無意味です。

じゃあ、入っているだけで良いのか?と言うと、そうではありません。
エンジンオイルは定期的な交換が必要です。
どうして?と思うかもしれませんが、エンジンオイルの働きを知っていますか?

エンジンは金属で出来ています。勿論内部も。
車が走っている時、エンジン内部で金属が動いています。
ガソリンを爆発させ、その力を受け止め、駆動力に変え、車を走らせます。

エンジンオイルは、エンジン内部で発生する金属の摩擦や消耗を防いでいます。
エンジン内部の潤滑液って事です。潤滑液が無ければ、モロにダメージを受けます。
そして、摩擦や消耗を防いだオイルは段々汚れて行きます。

僅かながらですが、金属が摩擦した時などにミクロン単位で汚れて行くんです。
この汚れは、エンジン内部にどんどん蓄積されて行きます。
蓄積されると、本来持っていたオイルの能力が失われてしまいます。

その汚れる期間が、大体3000km〜5000km。
遅くても5000kmに1度は交換しないと、徐々に汚れがエンジン内部に蓄積されていきます。

ここで仮に、オイル交換しなかった車がどうなるのか知りたいと思いませんか?
ちょっとこれは汚いので…そういうのが苦手な人はこれ以上読まないで下さい。














良いですか?本当に汚いですよ;;














では、こちらがその画像です。拾い物ですが。
200711071.jpg

同じ車種、同じ走行距離で、オイル交換を定期的にした場合はコチラ。
200711072.jpg

もう…ね。見ればすぐ分かりますよね。
こうなってしまった車はもう寿命です。

エンジンを、オーバーホール(分解掃除)するか。
別の車から同じエンジンを持ってきて取り付けるか。
もしくは廃車にするしかありません。
エンジンオイル無交換の車の寿命は、大体5万〜6万km。
定期的にオイル交換をした車は、普通で20万km。頑張れば30万km。本気で40万km。
嘘だと思うかもしれませんが、本当です。大真面目です。

ちなみに俺の前のセリカは20万kmでした。色々故障してたのに修理しなかったからorz
今度のセリカは、月まで目指します!
地球から月までの距離は、約34万km。あと24万km。車検はあと12回です。



あ、それと今回はエンジンオイルを交換する前に、エンジンコンディショナーを使いました。
PIC_0574_R.jpg
隣にキャブクリーナーがありますが、今回は使用しませんでした。

ちなみに、セリカは電子制御式燃料噴射装置(インジェクション、又はEFI)が付いています。これはKUREのエンジンコンディショナーですが、昔の車についているキャブレターや、最近のインジェクションどちらにも対応している物です。他のメーカーでもエンジンコンディショナー、エンジンクリーナーなどがありますが、どのメーカーも基本は同じだと思います。

使用方法は、エンジンルーム内にある赤丸の部分のホースを抜いて、そこからスプレーします。
PIC_0579_R.jpg

しかし、俺はそのホースからスプレーすると言う方法はしませんでした。
どうやったのかと言うと、エアフロセンサーを汚したくないと言う理由から
エアクリーナーボックスと、ぶっといホースの繋ぎ目から直接ブチ込みました!
PIC_0594_R.jpg

動画だと、ガタガタ言わせるくらいブチ込んでます。オラオラ!って感じに。
[高画質で再生]

普通はやらないエンジンクリーナーの使い方。

[広告] VPS

で、このエンジンコンディショナーを使った時は、エンジンが泣いちゃうくらい弱ります。アイドリングなんかはエンスト寸前くらいに回転数が落ちます。エンストする車もあるそうです。それと、俺みたいにエアフィルターボックスと太いホースの間からスプレーしようとして、面倒になってボックスを外すとエンストします。エアフロセンサーが働くからです。
[高画質で再生]

エアフロセンサーが正常に働くと、こうなる。

[広告] VPS

なので、5分くらいは手でアクセルから繋がっているワイヤーを回して、エンジン回転数を上げて下さい。

コイツを
PIC_0586_R.jpg
くいっと回してスロットルバルブを開き、回転数を上げて下さい。
PIC_0589_R.jpg

それと、今回はオイルエレメントも交換したのですが、セリカの場合は下回りのカバーを外さなければエレメント交換が出来ませんので、注意して下さい。俺の場合はオイル交換の度にエレメントも交換する予定なので、ちょっと面倒です。



今回掛かった費用
カストロール・マグナテックプロテクション20L:12000円÷5回分=1回当り2400円
オイルエレメント:980円
KURE・エンジンコンディショナー:1000円
オイルジョッキ5L:315円

今回掛かった時間
色々見てたり分解したから3時間くらい。
普通にやれば30分以内。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://celicaway.blog93.fc2.com/tb.php/16-fce2aaf6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。